オタクの極み速報

幼少期に好きだった漫画やアニメについてまとめています。亀更新ですが、よければご覧ください。また、コメント残してもらえると励みになります。

    カテゴリ: るろうに剣心

    1: オタクの極み速報 2022/06/27(月) 07:27:14.151 ID:ndin03hB0
    殺す気まんまんの剣術なのに

    【【るろうに剣心】飛天御剣流って何で刺突技ないんだろうな】の続きを読む

    1: オタクの極み速報 2022/09/25(日) 08:16:19.240 ID:aK7v6l+W0
    和月伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の新アニメが、2023年に「ノイタミナ」枠ほかにて放送。第1弾PV、キャラクタービジュアル、スタッフ・キャストが発表された。

    tps://ogre.natalie.mu/media/news/comic/2022/0924/rurouni-kenshin_teaser.jpg

    これは本日9月24日に開催中の「Aniplex Online Fest 2022」内で配信された「『るろうに剣心』新アニメプロジェクトコーナー」で伝えられたもの。「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」は、1994年から1999年にかけて週刊少年ジャンプ(集英社)で連載されたアクション時代劇。1996年にTVアニメ化、1997年に劇場版が公開され、1999年より3作のOVAが発売された。また佐藤健主演による実写映画も制作されている。現在は続編となるマンガ「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」がジャンプスクエア(集英社)で連載中だ。

    新たなアニメでは緋村剣心役を斉藤壮馬、神谷薫役を高橋李依が担当。また監督は山本秀世、シリーズ構成は倉田英之、キャラクターデザインは西位輝実が手がけ、制作をライデンフィルムが担当する。和月はキャラクターデザインやシナリオなどを全編にわたって完全監修。再アニメ化について、和月は「四半世紀の時を経ての新作というコトもあり、今作は信頼できる新スタッフと忖度一切なしのガチ選考で選ばれた実力派新キャストでの制作となります」「るろうに剣心を永く愛し続けてくれる人にも今この瞬間興味を持ってくれた人にも楽しめる作品になると思いますので是非是非御覧下さい」とコメントを寄せた。

    和月伸宏コメント

    『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』がまさかまさかの再アニメ化となりました。

    四半世紀の時を経ての新作というコトもあり、今作は信頼できる新スタッフと忖度一切なしのガチ選考で選ばれた実力派新キャストでの制作となります。
    先日、第一回アフレコに参加しましたが文句無しの赤丸花丸太鼓判。
    「ここは一つ、原作者も新原作者にすれば更に素晴らしくなるのでは?」と思う程の出来映えでした。

    るろうに剣心はこれまで漫画、アニメ、OVA、ゲーム、小説、実写映画と様々な形で描かれてきましたが、自分としてはそれら全てがマルチバースに存在する紛うことなき本物だと考えています。
    この本物達に新たに加わる新作アニメ、るろうに剣心を永く愛し続けてくれる人にも今この瞬間興味を持ってくれた人にも楽しめる作品になると思いますので是非是非御覧下さい。

    以下略



    TVアニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』第1弾PV
    tps://www.youtube.com/watch?v=KlgKIkCZ4nQ

    【【速報】「るろうに剣心」新作アニメが来年ノイタミナで放送決定! 剣心役を斉藤壮馬、薫役に高橋李依】の続きを読む

    1: オタクの極み速報 2022/08/19(金) 15:30:46.338 ID:2xlLkeAZ0
    そもそも刀の殺傷力考えたら炎の追加ダメージとか不要だよね
    毒塗った方がよっぽど強いよね?w

    【【るろうに剣心】志々雄真実って、もしかして油や火薬仕込まなかったら何もできないの?w】の続きを読む

    1: オタクの極み速報 2022/08/10(水) 15:37:51.86 ID:eY8KF8aN0
    宇水
    「オレは盲目でね、明かりなんて必要ないのさ」

    左之助
    「どうする剣心!!こんな暗いんじゃ戦えねぇぞ!!」

    どうしたらエエんや…これは詰みか?

    【【るろうに剣心】剣心「この部屋は…」左之助「真っ暗じゃねぇか!!」宇水「フッフッフッ」】の続きを読む

    1: オタクの極み速報 2022/07/31(日) 13:51:37.30 ID:m5CFMH+a0
    これだけで名作扱い

    【るろ剣の名言「悪即斬」「なにが可笑しいっっ!」この二つしかなかった】の続きを読む

    このページのトップヘ